葬儀にまつわる基本マナー講座

香典のマナーを知っておく

年齢を重ねるにつれてやはり葬式に出席する機会と言う物は増えるんじゃないかなと思います。
そう言う時に参列者にとって一番悩むのが香典だと聞いた事があります。
やはり、金額の目安や、表書きの方法、ふくさの包み方等、知っておかないと相手に対してマナーとなりますから、調べる等をしてしっかりとした方法を学んでおく事も大事だと思います。
葬式はどうか分かりませんが、もしかしたら地方によって異なるかもしれませんので、その辺も気を付けておくと良いかもしれません。先ずは表書きですが、筆ペンを使って、上の部分に用途を書いて下の部分にフルネームで記入します。
上の部分に記入する感じですが、その日の葬式だったり四十九日だったりによって異なるので、しっかりと知っておく事が大事です。

香典袋は、水引が印刷されたものから豪華な水引が付いている物まであります。
これは含まれている金額によって使い分けすると良いかもしれません。五千円位ですと水引が印刷されているシンプルなもので良いかもしれません。けれども、一万以上の場合は、実物の水引が掛かっている物を選ぶと良いかも知れません。ハスの花が書かれているものもある様ですが、是は神式やキリスト式の葬式では使わないようです。

気持ちがあれば良いと言う考えも分からないでもありませんが、やはりしっかりとマナーを知っておく事が必要な場所もあるかと思います。
香典1つでも色々決まりがあるので、しっかりと知っておく事が大事なんじゃないでしょうか。

Copyright (C)2017葬儀にまつわる基本マナー講座.All rights reserved.